包装のための統合ITソリューション

PAS-X包装ソリューション

今日の製薬・バイオテクノロジー業界の包装プロセスでは、パフォーマンス、コンプライアンス、そしてシリアル番号設定が主要な課題となっています。現場のオペレーターが直面している主なタスクは、次の3つです。

  • ラインを稼動させ、“ライト・ファースト・タイム”(1回目から誤りのない操作)に則った運転を確保する
  • 工程切り替えも含め、包装プロセスのパフォーマンスを最適化する
  • シリアル番号設定と集約のプロセスを管理する

販売

Shawn Opatka

電話: +1 973 646-3408

メールを書く
vカードダウンロード

PAS-X:EBR、OEE、トラック&トレースのための標準システム

Werumはこのような課題に対応するため、製薬・バイオテクノロジー企業向けにモジュールタイプのPAS-X包装ソリューションを提供しています。この包装ソリューションには、包装作業に関連するPAS-Xソフトウェア機能、PAS-Xコンテンツパッケージ、PAS-Xサービスが含まれています。Werumの製造ITソリューションとともに使用するのに最適なオプションです。

この包装ソリューションでは、電子バッチレコード(EBR)、総合設備効率(OEE)、トラック&トレースといった機能が1つのユーザーインターフェースにまとめられています。そのため、オペレーターと管理者は、操作しやすい1つのシステムだけを使用すればよいことになります。PAS-X包装ソリューションは、中央のレベル3のアプリケーションとして、現場の包装設備およびラインコントローラーと、ERPおよびセントラル連番レポジトリとを統合します。

PAS-Xはスケーラブルなシステムです。カスタマーは、(個々のサプライヤーからの装置に対する)現場レベルの小規模なソリューションから開始し、それを少しずつ拡張して、すべての機能性を有する完全なPAS-X MESシステムへと成長させることができます。すべてのアーキテクチャレベルは、Seidenaderと組み合わせることにより単一のソースよりもたらされます。

包装MBRの迅速な作成と管理

各製品の特徴によって多少の違いはありますが、包装プロセスは常に同じようなワークフローで進められます。一般的なパラメーターはすべて汎用マスターバッチレコード(GMBR)にまとめられているため、数百ものMBRからわずか数種類のGMBRにまでレシピ数を削減することが可能です。カスタマーにとってのGMBRの利点は、管理作業の削減とMBR管理のしやすさ、およびそれによる大幅な処理の効率化にあります。

包装MBRの迅速な作成と管理のしやすさは、あらかじめ定義された包装専用のプロセスライブラリ・コンテンツパッケージによりさらに強化されています。これらは業界のベストプラクティスを基礎としており、包装MBRを簡単に作成するための、GMPに対応したテンプレートを含んでいます。例えば“セットアップ”は、製造用包装ラインの準備に関連するすべてのプロセスをカバーしています。

テンプレートは、Werumコンサルタントとの協力作業により、カスタマー独自のビジネスプロセスに合わせて構成されます。

PAS-Xとの統合による効率化と標準化

既存のPAS-X MESへのPAS-X包装ソリューションの統合は、効率向上のための最も簡単で有効な方法です。すでにPAS-Xを使用しているカスタマーなら、ごく簡単にPAS-X包装ソリューションを追加することができます。しかし、まずトラック&トレースやKPIソリューションを導入し、後から少しずつシステムを拡張して完全なPAS-X MESとすることも可能です。

PAS-X包装ソリューションをPAS-X MESに統合すると、すべての機能が同じ標準システムにより提供されるため、現場のオペレーターは1つのユーザーインターフェースのみを使用すればよく、シームレスなデータのやりとりが可能となるという利点があります。すべての機能が単一の標準システムに組み込まれているため、処理が簡単になりコスト効率が改善されます。

PAS-X包装ソリューション

  • 単一現場オペレーター用ユーザーインターフェイス
  • 操作が簡単な電子実行、トラック&トレース機能、文書
  • OEEのリアルタイム解析を含む生産性の最適化
  • すべての装置サプライヤーのサポート
  • Seidenaderに関連したワンストップショップ
  • スケーラブル: 簡単にPAS-X MES完成のため拡張
  • 将来的な投資