我々は企業責任を重視しています。

社会的目的のためのソフトウェア

当社の企業責任の一環として、我々はソフトウェアの専門知識を社会的目的のために利用可能にします。したがって、開発計画ソフトウェアを提供することによって国際的なNGO「ドイツ人医師」を支持します。ドイツ人医師は、フィリピン、インド、バングラデシュ、ケニア、シエラレオネでのプロジェクトのためにボランティア医師を派遣します。
我々はミッション計画を最適化し、最高の医師チームをまとめるためにこの人道的援助を支援しています。そのため当社は、計画ソフトウェアを開発し、継続的な運用中のソフトウェアメンテナンスを担当しています。海外の医師が重要な医療知識や国固有の特性にすばやく簡単にアクセスできるようにするために、将来のトレーニングコースや現場でのミッションで使用される徴候のオンライン管理ソリューションも開発しました。

青少年の才能促進支援

当社の企業の社会的責任のもう一つの焦点は、科学、技術、工学、そして数学に興味を持っている優秀な青少年の促進支援です。例えば、当社は青少年が数学や科学のテーマに熱心に取り組むことを目的としたドイツのユースサイエンスコンペティション「青少年の研究」を共催しています。我々リューネブルグ本社は、毎年地域ユースサイエンスコンペティションを開催しています。

さらに、地方の学校にアドヴァイスと支援を提供しています。また、地域商工会議所(IHKリューネブルグ-ウォルフスブルク)のstartup@schoolプロジェクトも支援しています。
さらに、毎年「子供の職場体験」(フューチャーデー)の日に、興味のある青少年をWerumに招待しています。