ニュース

Werum IT Solutions: PAS-Xの革新により、製薬およびバイオテクノロジー工場の製造現場での製造工程を容易に

生体認証、詳細な日程計画、モバイル実行のための新機能 / 製薬およびバイオテクノロジー業界における、より簡単で、より安全で効率的な製造プロセス

タブレットを持つオペレーター

Robert Welter、Werum IT Solutions PAS-X製品管理部門責任者

リューネブルク(独)2019年6月20日ー2019年、Werum IT Solutionsは、製薬およびバイオテクノロジー業界向けに、世界をリードするPAS-X製造実行システム(MES)に多くの技術革新を加え、高度なユーザーオプションと優れた性能を提供します。これには、例えば、通常の認証プロセスに対するバイオメトリックの代替手段、詳細な日程計画やモバイル端末での最適化された操作のための統合ソリューションが含まれます。

生体認証
現在の認証プロセスでは、ユーザー名とパスワード、PINコードまたはIDを入力を要するため、時間がかかります。K.Me-In [ki mi ɪn]で、Werumはログインと署名プロセスを単純化するための革新的な生体認証製品を提供しています。将来的には、指紋、虹彩、顔認識、またはそれらの組み合わせなど、ユーザー固有のさまざまな生体パラメータが使用される予定です。さらに、PAS-Xはユーザーがアプリケーションを離れると自動的にログオフします。これはデータの完全性を保証するための重要な側面です。Werumの新しい生体認証製品により現場のユーザーの認証がより迅速可能なるため、彼らの主要なタスクに集中することができます。

詳細なスケジューリングのシームレス統合
さらに、WerumはsedAptaのFactory Schedulerに基づく詳細な日程計画ソリューションを統合することで、PAS-X MESの機能をさらに強化しました。PAS-Xを介して、このスケジューリングソリューションは、マスターデータ、MBR、製造現場の注文データなど、必要なデータに直接アクセスできます。PAS-Xはリアルタイムで、他のERPよりも高品質なデータを提供します。従って、日程計画ソリューションとERPの間のインタフェースはもう不要となります。

より簡単なモバイル操作
PAS-Xは、現場の携帯端末で使用されることが増えています。このため、Werumは、ハンディースキャナおよびタブレットでのMESソフトウェアの使用をさらに最適化しました。例えば、これにより、タブレットユーザーはタッチ操作を改善することができます。PAS-Xは現在、現在のハードウェアおよびソフトウェアプラットフォームをサポートするハンドヘルド型端末上での操作のため特別に設計された新しいブラウザベースのユーザインタフェースを持っています。産業環境では、有用性の改善により、パフォーマンスの向上、安定した操作、および安全性が実現します。

“我々は絶えずPAS-Xの改善を促進しています。一方で、最適な方法で新しい生産工程、規制および顧客の要求に取り組むことを目指しています。またその一方で、革新を促進し、製薬業界から未来のデジタル工場への道を素早く切り開いていく事が私たちの目標です。”このようにWerum IT SolutionsのPAS-X製品管理部門の責任者Robert Welter氏は述べています。