ニュース

Teerapong CheepcholがWerum IT Solutionsタイの専務取締役に任命されました

2019年10月1日、Teerapong Cheepchol(Jack)が、Werum IT Solutions Ltd.タイの専務取締役として新しい地位に就きました

Werum IT Solutions Ltd.タイの新しい専務取締役、Teerapong Cheepchol(Jack)

2019年10月30日、ドイツ リューネブルク/タイ バンコク - 2019年10月1日、Teerapong Cheepchol(Jack)が、Werum IT Solutions Ltd.タイの専務取締役として新しい地位に就きました。彼はDavid Margettsの後任です。

Teerapong Cheepcholが、製薬業界および製造管理システム(MES)ビジネスにおける12年以上の経験を振り返ります。前職では、Werum IT Solutions Ltd.タイの副専務理事およびオペレーションディレクターを務め、2016年にWerumのアジア活動拠点が開設されて以来、サービスの提供と経営管理を担当しました。彼は、企業の全事業を監督する上で積極的な役割を果たしました。さらに、Teerapong Cheepcholは、顧客に高品質のサービスを提供するためにアジアで強力なチームを構築しながら、目標を達成するための会社活動の戦略的計画および組織化に関与しました。

Werum IT Solutions GmbHのCEOであるJens Woehlbierは次のように述べています:「Teerapong CheepcholがWerumアジア専務取締役の役割を担うことを非常に楽しみにしています。彼はAPAC地域でのビジネスの指導および拡大に最適な人物です。Teerapongの献身的なリーダーシップの下、Werumアジアはローカルチームをさらに発展させ、顧客やパートナーとの既存関係を強化します。Teerapongが新しい役職で大きな成功を収めることを願っています」。

同時にJens Woehlbierは、Werumアジアの管理に成功したDavid Margettsに感謝の意を表しています。「David Margettsは、アジアビジネスの拡大において素晴らしい仕事をしてくれました。私たちは彼と彼の家族が最高の将来を迎えられることを願っています」。