ニュース

Körberが医薬品ソフトウェア市場におけるリーダーシップを拡大

Exputec GmbH(オーストリア)とExputec Kft.(ハンガリー)の企業買収により、Körberグループは医薬品およびバイオテクノロジー製造向けのデジタルソリューションの拡大を図ります

Exputec is now part of the Körber Group

ハンブルク/ウィーン、2020年6月3日。医薬品事業部門の拡大:Exputec GmbH(オーストリア)とExputec Kft.(ハンガリー)の企業買収により、Körberグループは医薬品およびバイオテクノロジー製造向けのデジタルソリューションの拡大を図ります。今回の買収は、医薬品ソフトウェアの分野におけるマーケットリーダーおよびテクノロジーリーダーとしてのKörberの立場を改めて明確に打ち出すものです。Exputec社はWerum IT Solutions GmbHの既存のソフトウェアポートフォリオを戦略的に補完します。買収手続きは2020年5月28日に完了しました。

これにより、Körberグループのバイオテクノロジー業界における市場競争力は高まることとなります。Körber医薬品事業部門のお客様にとって、Exputec社のソリューションは、Werumの市場をリードする製造実行システム(MES)PAS-Xとの完璧な組み合わせとなります。医薬品のライフサイクルマネジメント全体を単独のソースでカバーするソフトウェアソリューションの恩恵を、お客様に享受していただけます。 

Exputec社はコンサルティングおよびソフトウェア企業として、データに基づく業務プロセス分析およびバイオテクノロジー業界のコンサルティングに精通しており、綿密なプロセス理解を通じて、市場の数々のトップ企業に決定的な競争優位性をもたらしています。そのため、Exputec社はグローバルな医薬品およびバイオテクノロジー業界においてすでに成功を収めています。KörberとExputecは、両社のソフトウェア開発能力を統合することにより、開発から製造プロセスまでにおける品質と効率性の向上に重要な貢献をしてまいります。

Körber AG 最高経営責任者 Stephan Seifertは以下のように述べています:「この買収により我が社は、お客様にこれまでよりもさらに包括的なサポートを提供するという目的に向け、医薬品ソフトウェアの分野におけるマーケットリーダーおよびテクノロジーリーダーとしての立場をより強固なものとします。同時に、Exputec社の買収は我が社の掲げる未来志向のイノベーション戦略における重要なマイルストーンの一つでもあるのです。」

Körber医薬品事業部門の最高経営責任者であるJörn Gosséも、付け加えて以下のように述べています:「Exputec社のソリューションにより、お客様に提供できるソフトウェアを大幅に拡大できることを喜ばしく思います。製造のデジタル化において、製造プロセスのより早い段階からお客様をサポートできるようになりました。」

Exputec社の最高経営責任者であるPetra Lubitzはこう述べています:「私たちは、世界中のお客様の医薬品およびバイオテクノロジー製造のさらなるデジタル化と最適化に向けて、Körberと共に取り組んでいくことを非常に楽しみにしています。Körberのグローバルで強力な営業網は、こうした取り組みへの新たなチャンスを切り拓いてくれるものです。」

Körberによる今回の買収は、医薬品事業部門における複合ソフトウェア部門に、大きな成長の可能性をもたらします。KörberとExputec社は、そのグローバルな市場とお客様へのアクセスにより、共同で既存のポートフォリオを拡大するとともに、新たな地域の市場やさらなる顧客層を開拓することができるでしょう。 

Körber医薬品事業部門は、Körberグループの中でも急成長を遂げている事業部門の一つです。Körberはこの事業部門で、医薬品の開発、製造、検査および包装プロセスの安全で高効率のプロセスを実現するためのソリューションやコンサルティングを提供しており、高効率で安全な製造プロセスを実現するソフトウェアソリューションもその一部です。これには、市場トップクラスの医薬製造実行システム(MES)、データ分析ソリューション、安全な折りたたみカートンの開発および製造、革新的な検査・包装機械や、医薬品の確実な追跡調査を可能とするソリューションなどが含まれています。