ニュース

次世代のPAS-X MESはバイオテクノロジー、そしてセル&遺伝子製造を加速します

Werumが新しいPAS-X 3.2バージョンをリリース / 2020年以降のバイオ医薬品およびセル&遺伝子療法顧客のグローバルな可用性 / 新しいおよび改善された機能と技術 / 完全にネットワーク化ならびに自動化されたスマートなPharma 4.0工場の実現

バイオ医薬品工場のオペレータ

2019年11月6日、リューネブルク、ドイツ– Werumは、市場をリードするPAS-X製造管理システム(MES)の新しいバージョンを発売します:PAS-X 3.2は、2020年1月から世界中で利用可能になり、今から注文することができます。急速に成長する産業は効率的なデジタルプロセスに大きく依存しているため、特にこれはバイオ医薬品およびセル&遺伝子製造を対象としています。

「顧客にとっての主な利点は、例えば、ウェブの展開、管理作業の削減、更新およびアップグレード機能の向上による総所有コストの削減です」と、Werum IT SolutionsのPAS-X 3.2製品管理責任者であるOlivier Néronは述べています。「バイオメトリック認証などの日々のテクノロジーの統合と、任意の画面サイズでどこでもPAS-Xを使用できることにより、ユーザーエクスペリエンスが大幅に向上します。当社の新しいPAS-X 3.2は、将来の完全にネットワーク化および自動化されたスマートなPharma 4.0バイオテクノロジー工場の構築に最適です」。

Werumは、カスタム属性などの新しい機能も追加しました。これにより、原料および設備のマスターデータ情報、ならびにライフサイクルとバージョンすべてを有するマスターデータ要素の拡張が可能になります。システム内で新しい測定単位を簡単に作成することができます。マテリアルフローなどの既存の機能も改善されました。リリース可能なMBR要素の承認ワークフローは、以前よりも簡単かつ柔軟になりました。機器管理モジュールと倉庫管理モジュールが拡張され、日々のオペレータのガイダンスと経験が最適化されました。

従来の技術は廃止され、最新の軽量HTML5テクノロジーに置き換えられました。PAS-X 3.2の展開は、Dockerを搭載したコンテナを使用して容易になります。メンテナンスを改善するために、アプリケーションはバイナリ配信を備えたマイクロサービスアーキテクチャに基づいています。